<   2011年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

3年間ずっと欲しかったものが入手できた…

私はずっとほしいと思っていたものがあった。
それはレーシングドライバーのSebastien Bourdais使用モデルのめがねである。
2007年のシーズン途中にScuderia Toro Rossoのテストに出ていたBourdaisを見て、
もしかして似てるかも…
と思いこんでしまったことがきっかけである。

2008年にBourdaisが掛けていためがねがTAG HEUERのものであることを知った私はBourdais使用モデルが何なのかを調べた。
以前ネット通販で花粉症用のめがねを買ったところがTAG HEUERのめがねを取り扱っていることを知り、その店にメールで問い合わせたところ、
その当時は日本には入荷していないモデルだったとのことだった。
入荷予定は2009年の春ごろの予定だった。
私は2009年の春になるのを待つことにした。
だが、2009年の春を過ぎても、入荷したような情報が入ってこなかった…。

そして、2010年の2月ごろだったと思う、
私はBourdaisモデルのめがねのことをふと思い出し、品番で検索をかけてみたらいくつかの店が引っかかった。
その中の1つの店に行ってみたが、そこに置いてあったものは2008年に使用していた赤バージョンのほうだった。
私は2009年に使用していた黒バージョンのほうが欲しかった。

さらにしばらく経った2010年10月ごろ、あるネット通販に載っていたことを知った私は早速注文することにした。
だが、入荷待ちのためサプライヤーに連絡しているということが何度も続いていた…。
すぐに入手できたら私はあのめがねをかけて35歳最後の日にF1を見たかったのだが…。

そして、今年の2月、花粉症のレーザー治療を受けた私は、帰りに以前ネット通販でめがねを買ったところの店に直接向かい、だめもとでBourdais使用モデルのめがねが置いてあるかどうかを聞いてみた。
店の人が在庫があるかどうかを問い合わせたところ、残り1つとのことだった。
このチャンスを逃すと多分もう入手できないと思った私は取り寄せてもらった。
当然、ネット通販のほうはキャンセルした。

こうして、私は3年間ずっと欲しかっためがねをやっと入手することができた。
e0006896_831165.jpg

e0006896_832355.jpg

e0006896_832324.jpg

私はめがねをかけてみたが、
Bourdaisに全然似ていなかった…。
当然と言ったら当然だろうが…。

でも、できることなら…
BourdaisがF1にいるうちに入手したかった…。
[PR]
by utmich | 2011-03-27 09:32

東北地方太平洋沖地震

東北地方太平洋沖地震が起こった3月11日、私UtahMichiganはK県K市K区(あ、該当するところが1つしかない…)で仕事をしていた。
仕事中に同僚が“なんか、揺れてないか?”と言ってきたので、揺れているかどうかに神経を集中させようとしたときにだんだんに揺れが激しくなってきた。
激しい揺れは5分ほどは続いたと思う…。

揺れが治まった時、私はネットで地震について調べてみて
“震度7が出たの!?”
と驚いた。
当然場の雰囲気は一転した。
特に東北地方に家族や知人の多い同僚が一番驚いた。

会社にあった物はさほど倒れたりはしなかった。
だが、S県K市にある私の自宅の部屋がどうなっているのかが気になった。
不安定な状態で置いているものが結構多いからかなり物が崩れている状態であるに違いない、と思った。

その後余震が何度も続いた。
中には縦揺れだったこともあった。

急遽会社のテレビをつけておいた。
といっても画面を見ながら仕事をするだけにもいかないので音声だけを聞いている状態だった。
だが、ジングルが聞こえたとき、ほとんどの人がテレビの前に駆け付けた。
もう、仕事どころではなくなった…。

電車が動かなくなったため自宅に帰ることができなくなった私は、会社近くのホテルを探すことになった。
ちなみに宿泊費は会社が負担してくれることになった。
だが、どこのホテルもサウナもネットカフェもビデオBOXも満室だった…。
駅から離れた所だったら望みはあるかも、と思いやっと満室でないサウナを見つけ、私はサウナで1晩過ごすことになった。


翌日、私はやっと自宅に帰ることができた。
だが、思った通り以上に部屋の物が被災地並みにかなり散乱していた…。


13日、私は都内B区(これも該当するところが1つしかない…)の会社で夜勤だった。
会社に行く時は特に問題はなかったが、自宅に帰るまでが大変だった。
電車の動く区間が制限されているため私の自宅の最寄り駅まで電車が動いていなかった。
幸い、他の電車はちゃんと動いていたので私は別ルートを乗り継いでなんとか自宅に戻ることができた…。


実を言うと、私UtahMichiganの実家は被災地の近くにある。
2008年に起こった岩手・宮城内陸地震では震度4、同年に起こった岩手県沿岸北部地震では震度5強、
そして今回の東北地方太平洋沖地震では震度4を記録していた。
だが、実家のほうから私のほうに電話がまだ来ていない。
以前、私が“回線がパンクする原因になるから電話してくるな!”と釘を刺しておいたからなのだろうか…。

それより、今回の地震で震度6強を記録した所に住んでいる姉が心配だ…。
私UtahMichiganにとって姉は大きな存在である。
姉がいなかったら私はF1フリークになっていなく、ただでさえつまらない人間である私はもっとつまらない人間になっていたかもしれなかった。
姉が無事であることを祈る。
実家の父も無事であってほしい。
私の仕事や趣味にいろいろ文句を言ったり嫌な反応しかしない母はどうでもいいが…。
[PR]
by utmich | 2011-03-15 23:26 | 出来事