<   2008年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

おなかがすいたら八景島に行こう。

私はなぜか最近、萬Z(量産型)の曲を聴くようになった。
その中の“炎のエビフライ ~キングオブバイキング~”を聴いているうちに行って食べてみたいという気持ちがだんだん強まってきた。
そして、ついに我慢の限界に達し、今度都合の良い時に行くことにしようと思った。
今度都合の良い日はいつなのかを調べてみたら、6月29日だった。
というわけで、私は会社帰りに八景島にあるRose Bay Houseに行くことにした。
だが、当日の天気は雨。
仕事をしながら一度は中止を考えたが、この日を逃すと次に都合のよい日はかなり先になってしまうので、雨の中行くことにした。

電車を乗り継いで1時間10分、私はシーサイドラインの八景島駅に着いた。
だが、ここで1つ問題が発生した。
八景島に着いたのは10時25分、レストランの開店時間は11時。
そう、時間が余ってしまったのだ。
駅から1km弱歩きレストランに着いた時はまだ20分前、私は雨の中しばらく海を眺めていたりしていた。
そして開店5分前、私はレストランに通じる階段の入口に立った。
e0006896_11422661.jpg

私は思わずPVに出ていたダイヤモンド勝田さんみたいに腕組みをした。
階段を上がり2階の入り口に着き、私は11時までの数分間を入口で待った。
だが、11時になってもはじまるような雰囲気は全然なかった。
そして11時1分、こうなったら自分から入ろうと思い入り口のドアを開けた。
中に入って数秒後に“いらっしゃいませ”という声が聞こえ、1人の店員が私のほうに来た。
“お客様は何名でいらっしゃいますか?”
私は“見ての通り1人だよ、周囲に霊でもいるのかよ?”と突っ込もうとしたのをかなり抑えて“1人です。”と答えた。
席に案内され、メニューを渡されると、“炎のエビフライ”というのが通常のメニューと別に付いていたものにあった。
“あの、これは…”
“はい、TBSの番組でも取り上げられたmanzo(萬Z(量産型))さんの…”
“あー、あれですか。”
“はい、そうです。1日5食限定となっております。”
“では、これお願いします。”
というわけで、私は1日5食限定の“炎のエビフライ”を注文した。
ついでにバイキング(一品料理を注文したのでプラスバイキングという形になる)とドリンクバーも注文した。
“炎のエビフライ”が来るまでの間、私はバイキングからいろいろな料理をとった。
33にもなって、自分の許容範囲のことを全く考えていない状態だった…
パスタにサイコロステーキ(キャベツとブロッコリーを多めにとった)さらにライスとグリーンサラダもとった。
ちなみにグリーンサラダにドレッシングはかかっていない。
私は何もかけずに食べるほうが好きである。
バイキングの制限時間は2時間だというのに、私は最初に取った分を10分弱で食べてしまった。
またバイキングから何か取ろうと思ったその時、“炎のエビフライ”が来た。
e0006896_1143183.jpg

私UtahMichigan特製の20cmのものさしと比較してみたが、それよりも大きいエビフライである。
おおよそ25cmといったところだろう。
あと、写真では分かりにくいが、じゃがバターから赤紫色の炎が上がっている。
これで、“炎のエビフライ”ということである。
これを食べてみたとき、私は思わず
“…、うまい……”
と言ってしまった。
普段ちょっとやそっとどころか何を食べても“うまい”と言わないような私が“うまい”と言ってしまった…
でも、じゃがバターから炎を上げるために使った洋酒と思われる味は私には苦手だった…
“炎のエビフライ”を全体の3分の2くらい食べたとき、今全部食べてしまわないで後でとっておこう、と思い私は再びバイキングで料理をとった。
今度は、@gamesにちなんで(?)“シェフ気まぐれフライの盛り合わせ”の中にあったイカリングをとった。

そして、私はテーブルにある分を全部食べた。
だが、最初に炭水化物を多く摂ってしまったためか、もう限界が来てしまった…
そして、制限時間は2時間だったが、私は1時間でギブアップした。
会計を済ませた(ちなみに¥4,045、“炎のエビフライ”は¥2,980)私は、そのまま駅に向かい家路につくことにした。
本当はいろいろ見て回りたかったが、雨がすごいものだから…

そういえば、アジサイを肉眼で見るのって、何年振りだろう…
e0006896_11432897.jpg

[PR]
by utmich | 2008-06-29 18:09 | 出来事

たぶんMagny-Cours最後のF1フランスGP

毎回、フランスGPはMagny-Coursで開催されるのは今年が最後ではないか、ということを毎年言っている。
今年もそんなことを言っている。
私は昨年までそんなことはないと思っていたが、今年は本当なのでは、と思っている。
だが、代替地とされているところがいつ完成するのだろう、と思うと場合によってはあと1年先までではないか、とも思っている。
最悪な場合は、来年も(現地で)見ている側もやっている側もつらい場所ですることになるのだろう。周辺の設備が整っていない場所なので。

現地は気温24度、路面温度30度、湿度73%であり、今にも雨が降り出しそうになるくらいに曇っている。
フォーメーションラップが行われているときに、30分後に雨が降るという予報が出た。

今回Pole Positionを獲得したのはFerrariRaikkonenで、2番グリッドにチームメイトのMassaがいる。
ちなみにFerrariがPPを獲得したのはこれで200回目となる。
また、予選3位のMcLarenHamiltonと予選15位のWilliamsRosbergが前回のカナダGPの赤信号無視により10グリッド降格ペナルティ、
予選6位のMcLarenKovalainenは予選1回目のときにWilliams中嶋一貴RBRWebberの邪魔をしたとして5グリッド降格ペナルティ、予選18位のHONDABarrichelloはギヤボックス交換ペナルティにより5グリッド降格ペナルティとなったため、
Hamiltonは13番グリッド、Kovalainenは10番グリッド、Rosbergは19番グリッド、Barrichelloは20番グリッド(最後尾)からのスタートとなった。

そして、70周で争われるF1フランスGP決勝レースがスタートした。
3番グリッドからスタートのRENAULTAlonsoがスタートに失敗し4番グリッドからスタートのTOYOTATrulliと5番グリッドからスタートのBMWKubicaに抜かれてしまった。
上位2位のFerrari2台は、次第に3位との差を広げていた。

13番グリッドからスタートのHamiltonは、1周目に3台抜いて10位に上がった。
だが、その際、STRVettelを抜く際にコースをショートカットして抜いた為ドライブスルーペナルティを科せられ、あれからKovalainenを抜いて9位にいたHamiltonは13位でコース復帰した。

16周目に4位を走っていたRENAULTAlonsoがピットに入り、12位でコース復帰した。

その数周後、HONDAButtonがマシンを降りていた。

20周目にHamiltonがピットに入り、その後、TrulliKubicaRaikkonenなどと次々とピットに入った。
その後、McLarenのピットクルーがKovalainenを入れる準備をしたがなぜかすぐに引き返してしまった。
だがその後もう一度ピットクルーが準備し、Kovalainenがピットに入った。
その結果、RENAULTPiquet Jr.と同時にピットに入る形になった。
だが、ピットからコース復帰する際、前を走っていたPiquet Jr.がなぜか加速が遅れてしまい、その結果Kovalainenに抜かれてしまった。

レースがちょうど中間点にさしかかった頃、1位を走っていたRaikkonenのマシンに何かトラブルを抱えているようで、次第にタイムが遅くなっていた。
なんと、Raikkonenのマシンのエキゾーストパイプ(排気管)が熱により折れていて、折れたパイプをぶらぶらさせている状態だった。
そして、38周目にRaikkonenMassaに前を譲った。
Raikkonenはいつまで2位を走ることができるのだろうか、3位のTrulliとが24秒離れている

そして、57周目あたりから雨が降り出してきた。
吉凶の分かれ目である。
その雨が関係しているのか、61周目あたりからTrulliKovalainenKubicaの3位争いがおこっていた。
この3位争いは最後まで続いたが、結局3台の順位は最後まで変わらなかった。

そして、レースは終了し、Massaが優勝し、Raikkonenはマシンにトラブルを抱えた状態で2位を守り抜いた。
6位にWebberが入り、7位にはラスト2周のときにオーバーランしてしまったAlonsoをかわしたPiquet Jr.が入った。
Piquet Jr.は、今まで0点だったためクビが危ないのではといわれていたが、今回7位入賞ということでなんとかクビは免れたことだろう。


最後にもう1つ突っ込んでおきたいことがある。
実は今回、TOYOTAは喪に服している。
なぜなら、初代チーム代表のOve Anderssonが南アフリカでクラシックラリーカーを運転中に事故死したからである。
そのため、レーシングスーツには喪章をつけ、マシンのノーズには黒い斜線が引いてあった。
だというのに…

コラー!Jarno Trulli!!
こんな時にシャンパンファイトに参加するとはどういうことだ!!
不謹慎だぞ!!
2005年マレーシアGPでのときに2位表彰台だった時は自分の友人が死んだのを理由にちゃんと自粛したのに…
マシンを降りた時やトロフィーを受け取った際にカメラに向かってOve Anderssonの為の喪章をアピールしただけまだ良かったとしよう。

次回F1イギリスGP決勝レースは日本時間7月6日21時スタートです。
そういえば、記念すべき第1回が行われたイギリスGPが行われているSilverstoneも危ないらしいんだよな…
[PR]
by utmich | 2008-06-23 07:13 | F1

岩手・宮城内陸地震

この日、私が会社で仕事をしていた時、もうすぐ終業時間というときのこと、
ある会社の同僚が、“あれ、なんか揺れてない?”と言った。
確かに弱い地震が起きていた。
だが、“なんか、まだ揺れてない?”
“そういえば…”
確かに、いつもならすでに治まっているはずなのにまだ揺れていた。

やっと揺れが治まった数分後、私がネットで地震について調べてみると…

“なんですってー!!!”

なんと、岩手県奥州市などで震度6強を記録していたことを知った。
しかも、会社の同僚の中に出身地が震度6強を記録したところの人がいた。
ちなみに、会社は震度2、私の地元は震度4を記録していた。
[PR]
by utmich | 2008-06-14 11:28 | 出来事

歴史的瞬間が起こったF1カナダGP

私は、今回のカナダGPがどうなるかが非常に楽しみである。
というのも、昨年大クラッシュしたBMWKubicaがどこまでやってくれるかが楽しみである。
そのKubicaは2番グリッドからのスタートであり、Pole PositionはMcLarenHamiltonである。

現地は気温26度、路面温度34度、湿度66%という状態であり、空は曇っており雨が降ることも予想されている。
また、10コーナー(ヘアピン)等の路面がはがれてしまうハプニングが起きてしまったため、一夜で応急処置を施していたりしているので、そこの箇所が心配である。

そして、70周で争われるF1カナダGP決勝レースがスタートした。
最近1周目にして早くもSafaty Carが出る事態になることが多いが、今回は大きな混乱もなく無事に最初の1周を終えることができた。

序盤では最近のF1にしては珍しく(?)BMWHeidfeldHONDABarrichelloを交わしたり、崖っぷちといわれているRENAULTPiquet Jr.TOYOTAGlockTrulliを交わすなど、オーバーテイクが多かった。

15周目にFORCE INDIASutilがエンジンを壊したのか通常マシンを停めないような箇所でマシンを停めた。
止めた箇所がマーシャルポストから遠い位置にある為コースマーシャルが到着するのに時間がかかるうえ、Sutilのマシンは少しコースにはみ出た状態で止まっていた。
これにより、SCが出ることとなった。
SCが出ている間にHONDAButton等がピットに入っていたが、Buttonに給油疑惑が起きていた。Buttonの運命は?
そして、ピットレーンがオープンになった時、上位陣が続々とピットに入りタイヤ交換と給油を行った。
と、その時なんと、
McLarenHamiltonがピットレーン出口の赤信号無視が原因でちゃんと信号を守ってピットレーン出口で止まっていたFerrariRaikkonenに突っ込んでしまった!!その後ろからWilliamsRosbergが不可抗力によるものかHamiltonに軽く当たってしまった。
これにより、現在ポイントランキング上位2位がリタイヤすることとなった。
もしかすると、Raikkonenは前回の罰が当たったのかも?

そして、SCがピットに入り、22周目にレースが再開された。
レース再開時、1位はBMWHeidfeld、2位はHONDABarrichello、そして3位にWilliams中嶋一貴がいた。
28周目にPiquet Jr.が単独スピンによりマシンが止まっていた。
またしてもSCかと思われたが、Piquet Jr.はコース復帰できた。
29周目に1位を走っていたHeidfeldがピットに入りタイヤ交換と給油を行った。
どうやらHeidfeldはまたSCが出ることを想定して残りを走り切る分の燃料を積んだようだ。
その分マシンが重くなったため、後ろを走っているチームメイトのKubicaに前を譲った。
そしてRENAULTAlonsoにも抜かれそうだったが、ここは何とか抑え続けていた。
これにより、Barrichelloが久しぶりの1位を走っている。その後ろに中嶋がいる。

34周目に2位を走っていた中嶋がピットに入った。
中嶋Heidfeldと対照的に燃料を少なく積んだ。中嶋は2Stops作戦に出たようだ。中嶋は11位でコース復帰した。

ちょうど半分を消化した36周目に1位を走っていたBarrichelloがピットに入り、8位でコース復帰した。
その翌周に1位を走っていたRBRCoulthardもピットに入り、6位でコース復帰した。
これによりなんと、1位Trulli、2位GlockというTOYOTAが上位2位という通常ではありえないようなことになっていた。
3位を走っているKubicaにとっては“じゃまだ、どけ!コノー!!”と思っていることだろう。

その後、Trulliがピットに入ったことにより、GlockがF1初の1位を走っていた。
ちなみにGlockは昨年のGP2チャンピオンである。

そして、44周目にやっとGlockがピットに入り、これによりKubicaが1位になった。
Kubicaの後ろでは、HeidfeldAlonsoのバトルが続いていた。
と、その時なんと、Alonsoがギヤボックスが壊れたのか単独スピンを起こしてしまいクラッシュしてしまった。
これにより2度目のSCかと思われた数チームがピットの準備をしていたが、Alonsoはなんとかエスケープゾーンに回避することができSCは出動は免れた。

その2周後、なんと8位を走っていた中嶋Buttonに追突してしまい、フロントウィングを壊してしまった。
ピットレーン入口手前だったため、ついでに残りの燃料を積むことができるかと思ったが、ピットレーンで壊れたウィングに乗り上げてしまいウォールにあたりそのままリタイヤすることとなった…

48周目に1位を走っていたKubicaがピットに入り、1位のままコース復帰した。

52周目になんとFerrariMassaが問題のヘアピンで5位のKovalainenと4位のBarrichelloの2台を一気にかわして4位に上がった。
KovalainenBarrichelloを交わして5位に上がった。

と、そのとき、54周目にFORCE INDIAFisichellaが単独スピンによりクラッシュしてコースに半分はみ出る形でマシンを止めた。
すると、次々とSCが出る前にピット作業を済ませようと、MassaKovalainenなどがピットに入ったが、Fisichellaのマシンはすぐに片付いたためSCは出ずに済んだ。
これにより、Barrichelloが4位に上がった。
だがその後、後ろを走っていたTOYOTA2台、その数周後にMassaに抜かれてしまった…
実はBarrichelloは発熱により体調を崩していた。
これはそれが原因なのか?

67周目に6位を走っていたMassaが軽くミスをしたTrulliの隙を突いて5位に上がった。

そしてレースが終了し、なんと、
Kubicaが“思い出の地”であるカナダで自身そしてポーランド人として初優勝となった。しかも、ポイントランキング1位に浮上した。
2位にHeidfeldが入ることになり、BMW 1-2FINISHとなった。
3位にはRBRCoulthardが入った。
そして、4位にGlockが入った。実はGlockは2004年カナダGPでスポット参戦した時も7位入賞を果たしていた。
Glockにとってカナダは相性がいい所かも?
KubicaCoulthardはかなり喜んでいたが、Heidfeldはもともと冷静沈着な性格なのか喜びが表面に出ていなかった。もしかしたら敗因を考えているのかもしれない。

最後にもう1つ突っ込んでおきたいことがある…
コラー!Lewis Hamilton!!
信号無視でRaikkonenと接触とはどういうことだ!?
それにしても、昨年のカナダGPもMassaFisichellaがピットレーン出口の信号無視で失格になったことがあった。
そのとき2人の後ろにいたKubicaはちゃんと信号を見ていたのか2台につられて出ることはなかった。
そのKubicaがあの後あんなことになろうとは…
昨年の話はこの辺にしておこう。

次回、F1フランスGP決勝レースは日本時間6月22日21時からスタートです。
たぶんMagny-Cours最後のフランスGPはどうなるのか、楽しみだ…
[PR]
by utmich | 2008-06-09 04:23 | F1

いろいろ珍しかったFormula Nippon第4戦

私は今回のFormula Nippon第4戦がどうなるか非常に楽しみであった。
なぜなら、開幕3戦連続でPole to Winを達成しているLAWSON TEAM IMPUL松田次生が国内トップフォーミュラ史上初の開幕4戦連続Pole to Winを達成できるかどうかが楽しみである。

昨日行われた予選で、Pole Positionを獲得したのはまたしても松田だった。これで、松田は4戦連続PPとなった。
果たして、松田は今回も優勝できるのだろうか?

そして、68周で行われるFormula Nippon第4戦決勝レースがスタートした。
大きな混乱はなくスタートできた。
ところが、スタート直後にPIAA NAKAJIMA小暮卓史にドライブスルーペナルティが科せられた。
実は、小暮はスタート前のコースインの際にピットレーンの速度違反を犯していたことが発覚した。
スタート前の出来事なのでこれはおかしいのではないか、という意見もあったと思う。
星野監督中嶋監督のところに行って2人で何かを話し合っていたシーンも見られた。
結局、小暮はドライブスルーペナルティを受けて最後尾に落ちた。

7周目になんと1位を走っていた松田次生がピットに入ってタイヤ交換と給油を行った。
今回はレース中に1度のタイヤ交換が義務付けられている。
序盤にピットインするケースは前方が渋滞していることによりこのままではなかなか前に出られないため一度ピットに入りクリアなところに出る、という場合が多い。
だが、今回のケースの場合はどういうことなのだろうか?
ピットクルーもあわてた様子もなかったことから予定通りと思われる。
でも、なぜこのようなことをしたのだろうか?これでは2位を走っていたPETRONAS TEAM TOM'SAndre Lottererが先頭に出ることにより前がクリアになるため有利になるだけではないかと思うのだが、果たして?
その後、続々とピットに入ったマシンがあったが、後方にいる人がほとんどである。

一方、今回19番グリッドからスタートのTeam LeMans本山 哲は1周目に2台抜き、2周目に5台抜き、その後次々と抜いていき、12周目には8位に上がっていた。
それもそのはず、本山のマシンには燃料が少なく積まれていた。
そして、19周目にピットに入りタイヤ交換と給油を行った。
本山がコース復帰した時、本山の5秒先に松田がいた。
だが、本山はピットアウト直後だというのにFastest Lapを叩き出していた。
まさか本山は2Stops作戦なのでは?
そして、23周目になんと本山松田をも交わしてしまった。
これで本山は見た目上11位に上がったが、実質上の順位でいえば1位といってもよいだろう。

一方その頃、SG 5ZIGEN平中克幸に10秒ストップペナルティが科せられた。
平中はピットストップの際のピットクルーの作業違反によるものだった。(平中自身は悪くない)
平中はピットクルーのせいで10秒ストップペナルティを受ける羽目にあった。

27周目に3位を走っていたPIAA NAKAJIMALoic Duvalがピットに入った。
そしてコース復帰した時はなんと本山の前だった。
つまり、先にピットに入った2人より速く走っていたことになる。
ということは、Duvalとほぼ対等に走っていた上位陣たちも2人より速く走っていたことになるといってもいいだろう。
と思ったが、その後32周目に3位を走っていた石浦がピットに入り本山の後ろでコース復帰し、33周目に1位を走っていたLottererがピットに入り石浦本山の間でコース復帰した。
その後、TP Checker IMPUL平手晃平もピットに入ったが、コース復帰した際はLottererの後ろだった。
つまり、みんな本山の前に出られなかったということだった。

一方その頃、またしても小暮にドライブスルーペナルティが科せられた。
今度はピット作業違反によるものであり、小暮自身は悪くない。
小暮は不本意なペナルティを2度も受ける羽目にあった。

そして、1度のタイヤ交換が義務付けられている今回のレースで唯一まだピットに入っていなかったCERUMO/INGINGRonnie Quintarelliが40周目になってやっとピットに入った。
そして、PETRONAS TEAM TOM'Sの後ろの13位でコース復帰した。
これで全員タイヤ交換義務を果たしたことになる。

と、その時、松田のタイヤが準備されていた。
現在5位を走っている松田はなかなかペースが上がらなかった。
と、その時、1位を走っていた本山がピットに入り2度目のタイヤ交換と給油を行い、2度のペナルティを受けた小暮の前の13位でコース復帰した。
これでDuvalが1位になった。
その後、準備してあった松田のタイヤは片づけられた。

と、その時45周目に、突然5位を走っていたTeam LeMans石浦宏明がスローダウンしてしまい、その後ガレージに入ってしまった。
その後49周目に、なんと6位を走っていた松田もスローダウンしてしまい、ピットでマシンを止めた。
これにより、松田次生の史上初4戦連続Pole to winが消えてしまった。
マシンを降りた松田は珍しくグローブを投げつけるなど悔しさを体で表していた。
そういえば昨年、松田のチームメイトのBenoit Treluyerも第2戦のときの右前輪のトラブルに悩まされ続けていたときにブチギレて珍しく悔しさを体で表していた。
まさかこの2人、星野監督の影響を受けたのではないのだろうか?
その後61周目に今度は本山がスローダウンしてしまい、その後ガレージに入った。
そしてなんと、本山までもがあまりにも悔しかったのか、思いっきり壁を蹴り壁に穴を開けてしまった。
ちなみに本山も昨年までTEAM IMPULに所属していた。

そして、Duvalが1位をキープし続け、2006年第7戦以来の優勝となった。
2位にLotterer、3位に平手が入った。
4位にCERUMO/INGING立川祐路、5位にATRAの伊沢拓也
そしてなんと、KONDO RACING横溝直輝がFINAL LAPでエンジンを壊してしまったがその後走り続けて6位でゴールした。

最後にもう1つ突っ込んでおきたいことがある…
コラー!松田次生!!
お前、予選終了後に“バトルは2ヒート制(たぶん第5~7戦の2レース目)のときにいっぱい見てもらえればと思えばね”と言っていたそうだな!
今回も2位以下を大きく引き離して優勝するつもりだっただろうが、世の中そんなに甘くないものなのだぞ!
あと、今回のレースと関係ないが、松田次生が3箇月で12kgの減量に成功したというプーアルティーカプセル、私はあれを昨年から飲み続けているのだが…

全然効果がないぞ!!
3箇月で12kg減ったのは別の効果じゃないのか?

あともう1つ突っ込んでおきたいことがある…
コラー!優勝者の国歌を流そうとした人!!
Duvalはフランス人だというのに、KONDO RACINGJoao Paulo de OliveiraSTONEMARKETRobert Streitが優勝した時にかけるブラジル国歌を流すとはどういうことだ!!
せめてかけなおしたときも途中で止めずに最後まで流しなさいよ…
まったく、もう…


さて、次回第5戦決勝レースは7月13日にFormula Nippon初のGP2で採用されている2レース制でおこなわれます。
一体どうなるのか、楽しみだ…
[PR]
by utmich | 2008-06-08 17:37 | Formula Nippon