<   2006年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

顔が2つ?

確か今から1年位前のことだったと思う、
私は会社である同僚の女性のかばんを見ていた。
すると、別の同僚の女性が声をかけてきた。
“あの、Michiganくん、どうしたのですか?”
“なんか、このかばん、気のせいか、顔に見えるような…”
“ああ、顔に見えますね。ここ(取っ手の根元のところについているもの)が目でここ(側面のかばんの幅いっぱいのジッパー)が口で、はい。”
“さらに気のせいか、”
“?”
“持ち主に…”
“あはははは…”

私は、こういうことをやってみたかった。
それは、
“ねぇ、そのかばん、頭の上に乗せてみて?”
“え、こうですか?”
“あははは、顔が2つじゃー!!”
“……”
ということをみんなの前でやってみたかった。
だが、これはできないまま終わってしまった。
なぜなら、かばんの持ち主は、現在別のかばんを使用しているからである。

ちなみに、かばんを見て笑った人は現在退社している。
[PR]
by utmich | 2006-05-31 04:03 | 出来事

そういう仲だったのか…

確か今から1~2年位前だったと思うが、
ある同僚の女性がストローでコーヒーを飲んでいた。
その人は、“ねぇ、これ飲んでみて”と言って同僚の男性にコーヒーをストローが刺さったまま差し出した。
すると、“えっ、いいの?”と言ってそのコーヒーをストローから飲んだ。
それを見た私はこう言った。
“そういう仲だったのか…”
すると、私の隣の席に座っていた人が、
“ちょっと、Michiganくんに誤解されてますよ。”
そう言われた女性は、
“誤解でも何でもしてちょうだい。”
その後、私は別の人にこう言われた。
“古いこと言うな…”
ということは、なんだ?
今はあたりまえということなのだろうか?

その後、私は先ほどの2人がアイスクリームで同じ事をしていたところを目撃した。
私は、やっぱりそういう仲だったのか、と思った。
[PR]
by utmich | 2006-05-30 04:08 | 出来事

ジンジャーエールはめずらしい?

1999年6月頃の話、
私は当時いた会社の取引先の会社の人達とカラオケボックスに行った。
みんなで飲み物をオーダーすることになり、私はいろいろ迷ったあげく、ジンジャーエールをオーダーした。
しばらくすると…
“おい、お前か!ジンジャーエール頼んだのは?”
と言われてシンジャーエールを渡された。
私は、一番奥の席に座っていた。
どうやら、ジンジャーエールを頼んだのが誰であるかを一人一人聞いていたが、なかなか頼んだ人が出て来なかったので、もしかしてオーダーミスかと思ってきた中で残ったのが私一人だったので、まさかと思ったのだろう。
“あ、来ましたか。”
“Michiganくんだった。”
(ほっ…)

私は思った。ジンジャーエールをオーダーした人は私のほかにいなかったのか?また、そんなに珍しいものなのか?
確かに1999年当時、現在に比べジンジャーエールはあまり多く見なかったような気がしたが…

ちなみに、私は現在もメニューにジンジャーエールが載っているときはジンジャーエールをオーダーしている。
[PR]
by utmich | 2006-05-23 09:59 | 出来事

なんでだろう

先日、私が外を歩いていたとき、
雨が降り出してきた。

雨がだんだんに強くなり、私はどのくらい降ってきているのだろうと思い、
頭を上に向け、両手の手の先を外側に向け、手のひらを上に向けていた。

すると、自転車に乗った男女が私の近くを通ってきた。
(2人乗りではありません。)
その2人は私を見てこう言った。
“あの人、なんでだろうって思ってる”
あ~め!!

私は2人が過ぎ去ってしばらくした後に笑ってしまった。
ていうか、よく考えてみれば、これは“なんでだろう”ではなく“わからない”なのでは?
[PR]
by utmich | 2006-05-22 03:17 | 出来事

タマやー(季節はずれ、しかも下品で申し訳ございません)

数年前の夜、私はJR舞浜駅北口を出て坂を降りていた。
そのとき、花火が上がっていた。
私はその花火を見て“タマやー”と言っていた。
私が花火に見とれながら歩いていたそのとき、
ボコ
坂から歩道に出るところに立っていたポールが私の股間を直撃した。
それを見た同僚が私を指差して、
“タマやー”
“クッ、クッ、クッ…”
私は“かりあげクン”にあったネタそのものをやってしまった。

“ねぇ、ちょっと、大丈夫?”
“お前わざとやっただろ?ポールが立っているのを確認していたところ見たよ。”
たまたま当たっただけですよ。”
ナニ?本当かよ?”
私は周囲の人からいろいろ突っ込まれてしまった。

ちなみに、“かりあげクン”では課長がガードレールの端に当たっていました。
[PR]
by utmich | 2006-05-15 02:39 | 出来事

私はなんとか生きてきています。

先日、私は自身のHPの掲示板に“私はなんとか生きてきています。”と書いていた。
そのとき私は思った、そういえば私は今の状態で生き続けていられるのだろうか、と。
そこで、現在の私の食生活を以下に書いてみることにした。

仕事がある日
・18:00に起きてシャワーを浴びた後に某F1ドライバーのCMのスポーツドリンクを飲む。
・20:00頃出発直前に某F1ドライバーのCMのスタミナドリンク1本とディスカウントショップで買ったバターロール2個を食べる(あまり時間をかけられないのでスポーツドリンクで流し込んでいる)。
・会社に着いた直後にブラックコーヒーを1本飲む。
・3:00or4:00の休み時間のときにあまり食事に時間をかけたくないのでエネルギーゼリー1本で済ませる。
・10:00頃帰宅した後ディスカウントショップで買ったカップラーメンを2つ食べる。予算に余裕があるときはさらにおにぎりなどを食べることも。


休日(ここではF1がある日の場合)
・18:00に起きてシャワーを浴びた後にスポーツドリンクを飲む。
・19:30頃出発直前にRed Bullを飲む。
・ネットカフェでCSのF1を見ているときに、フリードリンクであるアイスココアと抹茶ミルク、(ヨーグルトドリンクとアイスミルクのときもある)さらに、エスプレッソを普通の紙コップ1杯分(4杯分に相当)と鈴鹿山脈の水を飲む。
・ここのネットカフェは高いので、別のネットカフェに移動する。移動先のネットカフェでフリードリンク(主にロイヤルミルクティー)を何杯か飲む。
・8:00頃、予算に余裕がある場合は併設されているカラオケボックスでジンジャーエールとナポリタンと揚げ物を食べているが、最近は帰宅してからカップラーメンで済ませることが多い。


こう書いてみると、私は最近まともな食事をとっていないようだ…
予算がないから仕方がないのだろう…

私はあと何年生きているのだろう…
[PR]
by utmich | 2006-05-12 04:07 | 独り言

パクリ疑惑

“かもめの玉子”というお菓子をご存知でしょうか?
岩手県出身または岩手県在住の方なら知っていると思いますが、
玉子の殻の部分がホワイトチョコレート、白身の部分がカステラ、黄身の部分が黄身あんと呼ばれる黄色い餡になっているものである。
私はそれが入っている袋を提げている人を見て、久しぶりに食べたくなったな、と思ったことがあった。

先日、私が花粉症のレーザー治療の術後経過を診てもらうため病院に行った帰りに、ある店に立ち寄った。
すると、あるものを見て思わず“なんじゃ、こりゃ!”と言ってしまった。
それは、“かもめの玉子”のまんまパクリとしか思えないものだった。
はたしてこのお菓子の存在を知っているのだろうか、それ以前にこういう事をしてよいのだろうか、
そう思い、私はさいとう製菓に問い合わせのメールを送ってみた。
翌日返信されたメールを見てみると、
“形状は同じでも「かもめの玉子」といゆネーミングを使用しなければ特に問題にはならないと思います。”
ということだった。そして、さらにこう続いてあった。
“全国には同様のお菓子は結構あるようです。”
ということは、“かもめの玉子”はオリジナルではないかもしれないということなのだろうか?
非常に気になる…

さて、私はこの2つのお菓子を食べ比べてみた。
だが所詮パクリ、“かもめの玉子”に比べ形状は雑な上、味もなにか物足りないような感じがした。
モンドセレクションで金賞を受賞した“かもめの玉子”にかなうわけがない。

以来、パクリのほうは“敗北のたまご”と呼ぶことにした。
[PR]
by utmich | 2006-05-03 05:21 | 出来事

黒いバスタオル

先日、私は某有名ディスカウントショップで黒いバスタオルを買った。
今までの経験上、新しいものは一度洗ってから使ったほうがいいと思い、一度洗濯してから使用することにした。
なぜなら、すでにたくさんの人の手に触れたものであるというのもあるが、そのままの状態ではなかなか水を吸わないからである。

しばらくした後、私はそのバスタオルで体を拭いてみた。
すると、拭いたあとのところには細かい糸くずがたくさんついていた。
バスタオルをよく見てみると、細かい糸くずが固まったようなものが数箇所見られた。
私は、その糸くずの塊を1つ1つ手で取った後、もう1度洗濯することにした。
だが、それでも拭いたあとのところには細かい糸くずがたくさんつき、糸くずの塊も数箇所見られた。

そこで、私は、カーペットに使う粘着式のもので取ることにした。
あまりにもたくさんくっつくのですぐに使えない状態になり、カーペット全体に使う分の倍くらいは消費した。
徹底的に取り終えた後、もう一度洗濯した。
これなら大丈夫だろうと私は思った。
だが、それでも細かい糸くずはくっついていた。

これは、体を拭くのには向かないものだ。
そう思った私は、遮光カーテンから漏れてくる明かりをふさぐものとして使用することにした。
[PR]
by utmich | 2006-05-03 04:06 | 出来事