<   2006年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

会社が手術室に?

この日、私が会社で仕事をしていたときのこと、
私の席の後ろから、ピッ、ピッとPCのブザー音が鳴っていた。
一体何が起きているのだろう、と思い、私は音のする方へ行ってみた。
すると、なんと、その席で寝ていた人の頭がキーボードのキーを押しっぱなしにしていた。
私は、いつ気づくのだろう、と思い暫く放っておいたが、別の人に起こされた。
“ずっと鳴っていたのに気づいてなかった?”
“全然気づいてなかったです…”
“まったく、もう…自分の脈拍と比較しちゃったよ…
私は、あのピッ、ピッと鳴っているブザー音から心拍数を表示する機械を連想した。
たまに素早く2回連続で鳴っていた、ということもあった。

ちなみに、このときの私の脈拍は63、
PCのブザー音は49でした。
[PR]
by utmich | 2006-03-30 12:15 | 出来事

起きちゃったよ、死亡事故…

以前も何回か書いたが、F1史上戌年の年には死亡事後が起きている。
今年2006年はその戌年である。
だが、この手の法則は気づいた時点でだめになる例が多い。
だから大丈夫、と信じていた。
だが、私は3月28日の新聞を見てびっくりした。
なんと、INDYで死亡事故が起きていた…
練習走行のときに壁に当たって跳ね返っていたEd Carpenterのマシンに後ろからPaul Danaが猛スピードで突っ込んでしまったそうだ…
事故死したドライバーPaul Danaは30歳の新人だったそうです。
別カテゴリーとはいえ、死亡事故は起きてほしくなかった。
果たしてF1は大丈夫なのだろうか…
そういえば、1994年のときに事故死した2人のうちの1人は31歳の新人だった。
31歳の新人といえば、井出有治がそうである。まさか…
急に心配になってきた。
レギュレーションの大幅な改正等が影響しなければいいのだが…

ちなみに私は、INDYはあまり詳しくないほうでして、今これを書いている時点で出てくるドライバーの名前は、Danica Patrick(事故死したドライバーのチームメイト)と松浦孝亮しか出てきません…
(先程出てきた人を除く。もっと思い出したらあと数人出てくるかもしれませんが…)

Paul Dana選手のご冥福を謹んでお祈りします。
[PR]
by utmich | 2006-03-29 04:25 | 出来事

瀕死の鳩

先日、私は会社帰りに自宅付近にある公園に面した通りを歩いていた。
すると、道の先にあるものが私の目に入った。
なんと、鳩が倒れていた。
どうやら車か何かが鳩を轢いてしまったようで、胸元は真っ赤に染まっていた。
さらによく見てみると、微かに口元が動いていた。つまり、まだ生きていた。
周囲には、その鳩の物と思われる羽根が何枚か散らばっていた。
私は何とかしてあげたかったが、何もしてあげることはできなかった…

あぁ、なんて自分は無力なのだろう……

ていうか、誰だ鳩をあのような目に遭わせたのは!?
ゆるさん…
[PR]
by utmich | 2006-03-01 03:49 | 出来事

人だったり人でなかったり

先日、私が会社で仕事をしていたときのこと。
“Michiganくん、隣の人起こしてくれない?”
そう言われ、私は隣の席に目をやったが、隣の席は、椅子にコートがかけてあっただけ。
“Michiganくん、起こしてやって。”
“えっ!?”と思った私は、その席をよく見てみた。
なんと、コートの下に人が寝ていた。
“えっ!これ、人だったの!?”
“今日、ずっと一緒に仕事してたでしょ。”

そういえば、以前これの逆のパターンがあった。
それは、部屋の中にある太い角柱の陰に物が積み重なっていて、誰かがそこに上着をかけていた。
反対側から歩いていた私は、それを見て一瞬人が柱の陰でうずくまっているのかと思ってしまったことがあった。

もし、心臓の弱い人がこれを見たらどうなっていたのだろうか…

皆さん、くれぐれもいたずらでこんな事をしないで下さい。
一応注意しておきました。
[PR]
by utmich | 2006-03-01 03:48 | 出来事