返せ!¥9,000

先日、私は会社でいつものブラックコーヒーを飲もうと自動販売機の前で財布を見てみた。
すると、あったはずの¥9,000がなくなっていた。
もしかして、スリに抜き取られたのだろうか…
でも、その割にはなぜか取っておいている旧札まで抜き取るはずだし…
何かおかしい、と思い私はいろいろな仮説を思い浮かべていた。
そのとき、私はあることに気がついた。
まさかと思い、私はその日の朝、会社帰りに立ち寄った自宅付近にあるコンビニエンスストアTのレシートを見てみた。
そのレシートには本来預かり金の欄が¥10,535でなければらなないのに¥1,535と記載されていた。
確かにあの時私は1万円札を差し出した。千円札や5千円札は1枚も持っていなかった(先程の旧札を除く)。
私は合計¥1,235の物を買ったので、本来お釣りは¥9,300でなければならないのに、¥300しか渡されなかった。
あの店員め、荷物が多かったから頭が回らないだろうと思って…(多分違う)
もう頭にきた!

翌日、私は¥9,000を取り返すために昨日立ち寄ったコンビニTに行った。
最悪の場合を想定し、電話は通話ボタンを押せば警察につながるようにセットしておいた。
“あの、すいません。”
“はい、なんでしょうか?”
“¥9,000を取り返しに来ました!”
“え?あの、レシートはお持ちですか?”
“あります。”
“私、¥10,535出したのですけれど、ここ¥1,535になっているじゃないですか。”
“申し訳ございません、どっちのレジでしたか?”
“あっちの方です。”
“えーと、¥9,000でしたね。お確かめ下さい。”
“ところで、計算が合わないなどといった話は聞きましたか?”
“ええ、なんか合わなかったそうだから、もし何かあった時は返すようにといわれました。本当に申し訳ございませんでした。”

以来、私は財布の中に千円札が無い時にはあのコンビニに行かない事を心に決めた。
そういえば、私が会社で熱いお茶を飲む時に使っている断熱カップ、あのコンビニにしか売っていないんだよな…
千円札が無い時は普通の紙コップで熱いのを我慢するしかないのかな…
[PR]
by utmich | 2006-02-22 04:27 | 出来事
<< 今年もやりました。 元祖空気入りタイヤメーカーの空... >>