考えついてしまいどうしても言ってみたかったネタ

あるところに1人の子がいました。
その子は少しもいいことをせずに悪いことばかりしていて、
その都度親に注意され続けている毎日でした。

もうすぐクリスマスというある日、
その子は相変わらず悪いことばかりしていました。
そんな時、親から
“いい子にしてないとクリスマスにサンタクロースが来ないよ。”
と言われました。
だが、その子は注意されていたにもかかわらず、
少しもいい子にならず、悪いことをし続けていました。

そしてクリスマスになってもその子は一向に良くならず、
ついに父の堪忍袋の緒が切れて怒り出し雷を落とし、
母もそれに続き怒りの雷を落としたため、

両親の雷がその子を交差する形になってしまいました。

というわけで、

悪い子に来るのは

サンタクロース

ではなく

サンダークロス

失礼しました。

ちなみにゲームとは一切関係ありません。
[PR]
by utmich | 2011-12-20 22:03 | 独り言
<< 喪中につき年末年始のご挨拶ご遠... 年々不幸になってきています…。 >>